不用品別に対しての思考

冷蔵庫の不用品処分は家電リサイクル法を守ろう

冷蔵庫の不用品処分は家電リサイクル法を守ろう 家電リサイクル法では、不用品になった冷蔵庫を処分する際の方法が定められています。そのため、気軽に粗大ごみとして廃棄することができません


新しいものを購入するお店に引き取りを依頼するようにしましょう 処分する際は、電気店に引き取りを依頼する方法や、市区町村に問い合わせる方法、指定の引き取り場所に持ち込む方法のいずれかを選ぶ必要があります。冷蔵庫を買い替える場合は、新しいものを購入するお店に引き取りを依頼するようにしましょう。


その冷蔵庫を購入したお店に相談します 処分のみ検討している場合は、その冷蔵庫を購入したお店に相談します。引き取りを依頼した場合は、「家電リサイクル券」に必要事項を記載し、控えを受け取っておく必要があります。リサイクル料や収集・運搬料金は業者によって異なります。また、もし引越しを検討している場合は、家電リサイクル法に沿った方法で不用になった冷蔵庫を処分してくれる引越し業者もあるため、そのようなところを選んでも良いでしょう。


実は無許可のところも少なからずいます 一方で、回収を行っている業者の中には、実は無許可のところも少なからずいます。冷蔵庫の処分をする際には、必ず許可が必要です。例えば、大きな音で呼びかけながら街中を巡回している業者や、空き地で回収している業者、チラシやインターネットを通じて、無料回収をうたっている業者などには、注意するようにしましょう。

無許可の業者の場合 高額請求トラブルなど なぜなら、無許可の業者の場合、法を守って適正な処理ができているか確認することができないからです。不法投棄や不適切な処理や管理がされている事例もあり、これらは火災の原因にもなってしまいます。環境汚染の要因にもなってしまうでしょう。また、高額請求トラブルなど、思わぬ被害を被ってしまうケースも報告されています。不用になった冷蔵庫は、正しい方法で処分するようにしましょう。